美容院で常連が来なくなるのはなぜ?理由と対策を詳しく解説! | 美容サロンの予約システムならビューティーメリット - BeautyMerit -
美容院で常連が来なくなるのはなぜ?理由と対策を詳しく解説!

美容院で常連が来なくなるのはなぜ?理由と対策を詳しく解説!

公開日:2023年5月24日

美容院(美容室)の売上を安定させるためには、新規顧客を獲得するだけではなく、常連客にリピートしてもらうことが大切です。ある程度良好な関係を築けていたとしても、美容院側に何かしら問題が発生すれば失客につながります。もし常連客が急に来なくなった場合は、しっかり理由を分析することが大切です。

本記事では、常連客が来なくなる理由と対策を紹介します、ぜひ参考にしてください。

美容院(美容室)で常連客が来なくなる5つの理由

美容院(美容室)に常連客が来なくなる理由としては、転勤や引越しといった物理的な理由の他、常連客に甘えてしまっている、担当美容師の技術力が低下した、といったことなどが挙げられます。失客につながる理由について詳しくみていきましょう。

1.転勤や引越しなどにより通えなくなった

転勤や引越しなどは、常連客が美容室に来なくなる理由の一つです。数駅離れる程度であれば継続して通ってもらえることもありますが、離れた地域へ引っ越す場合は、来なくなるケースのほうが多いでしょう。

介護や育児、仕事が忙しくなって通えなくなる場合もあります。来店期間が空いてしまうことで、再び予約することに気まずさを感じ、別の美容院を選んでしまう人もいるでしょう。美容院側から声かけをするなど、気楽に来店してもらう仕組みをつくることが重要です。

2.常連客に甘えてしまっている

何度も接客しているうちに仲良くなったとしても、対応が雑になれば、常連客が離れていくため注意しましょう。もちろん、常連客と仲良くなるのは悪いことではありません。会話や施術を通して良好な関係を構築すれば、継続して通ってくれるケースも多いでしょう。

ただし、もちろん上客とはいえ手を抜いてよい訳ではありません。おざなりな接客態度をとれば、常連客に悲しい思いをさせてしまうだけでなく、行きつけの美容院・担当美容師という立場から失脚する恐れがあります。常連客に甘えすぎず、毎回丁寧に接客することが大切です。

3.担当美容師の技術力が低下した

担当美容師の技術力低下も、常連客が来なくなる理由の一つです。カットやパーマの失敗が増えたり、シャンプーやスタイリングが雑になったりすると、常連客の満足度が下がってしまいます。トレンドが追えていない、カウンセリングが雑になったなどの理由で、常連客が不満を感じることもあるでしょう。

常連客の好みや髪質は変化していくため、今までの施術が合わなくなるケースもあります。常に丁寧なカウンセリングを行い、状況に合った対応を心がけましょう。美容室側としては、それぞれの美容師がスキルアップできるような環境を整えることも必要です。

4.担当美容師がいなくなった

担当の美容師がいなくなったという理由で、他の美容院へ行ってしまう常連客もいます。別の美容師に引き継いだものの、施術が合わず、結局離れていってしまう人もいるでしょう。

退職や転職にはそれぞれの美容師の事情もあるため、完全に防止することはできませんが、担当美容師の交代が多すぎると、常連客としては安心して通えません。短期間で辞める美容師が多い場合は、労働環境に問題がある可能性もあるため、運営方針を見直すことが必要です。

5.他の美容院に常連客を奪われている

継続的に通ってくれている常連客でも、他の美容院の情報を目にしているケースもあります。SNSの広告や新規オープンの看板で割引などの情報を目にして、行ってみたい気持ちになる常連客もいるかもしれません。

美容院の検索・予約サイトを利用している場合は、特に注意しましょう。いつもどおり予約しようと思っていても、クーポンなどが目に入り、ついつい別の美容院を選んでしまうケースもあるためです。掲載料を支払うことで上位表示できる予約サイトも多く、広告にお金をかけている美容院に常連客を奪われる可能性もあります。

美容院で常連客が来なくなるのを防ぐ対策

常連客が来なくなるのを防止するためには、美容師のスキルを向上させる、定期的にアプローチする、検索・予約サイトに頼りすぎない、といった対策が必要です。以下、それぞれの対策について詳しく解説します。

1.美容師がスキルアップできる環境を整える

常連客が離れていくのを防止するためには、美容師のスキル向上が欠かせません。美容師個人が意識を高め、スキルアップに励むのはもちろん、美容院側から能力向上を促し、スキルを高めやすい環境を整えることも重要です。

具体的には、先輩美容師が指導する機会を設ける、外部の研修や講習に参加できるよう勤務時間を調整する、といった対策を講じるとよいでしょう。美容師のスキルを正しく見極め、昇給などの分かりやすい形で評価することも、スキルアップやモチベーション維持につながります。美容師が高い意識をもって働くことで常連客の満足度が向上し、継続率も高まるでしょう。

2.常連客に対して定期的にアプローチする

いつも来てくれているからといって油断せず、定期的にアプローチすることも大切です。例えば、次回来店時の割引クーポンを配布したり、しばらく来店していないときにメールで連絡したりするとよいでしょう。小さなアプローチの積み重ねによって関係性が強化され、常連客離れを防止可能です。

3.大手の検索・予約サイトに頼りすぎない

集客のために検索・予約サイトを利用しているのに、他の美容院に常連客を奪われてしまっては意味がありません。確かに検索・予約サイトは、美容院の認知度を高めたり、新規客を獲得したりする際には役立ちます。

ただし、先述の通り掲載料を支払うことで上位表示させたり、広告を目立たせたりできる仕組みであるため、コストをかけなければ継続的に集客することは難しいでしょう。単純に美容院の情報を掲載しているだけでは、コストをかけている別の美容院に常連客を奪われてしまう可能性もあります。

常連客を守るためには大手の検索・予約サイトに頼りすぎず、独自の予約システムを構築したり、Webサイトを整えたりすることが大切です。難しそうに思えるかもしれませんが、簡単に利用できるサービスもあるため、うまく活用しましょう。

例えば「BeautyMerit(ビューティーメリット)」を使えば、美容院専用のオリジナル予約アプリを作成したり、複数の検索サイトからの予約を一元管理したりできます。難しいプログラミングスキルなどは必要ありません。誰でも簡単に操作でき、導入後のサポートも充実しているため、ぜひ導入を検討してみましょう。

常連が来なくなる理由を把握して適切な対策を講じよう!

美容院で常連客が来なくなったら、危機感をもって理由をしっかり分析することが大切です。常連客に甘えて雑な対応をしたり、美容師の技術力が低下したりすれば、失客につながるため注意しましょう。大手の検索・予約サイトを利用することで、他の美容院に常連客を奪われるケースもあります。

常連客を守るためには、独自の予約システムを構築するなどの対策が重要です。「BeautyMerit(ビューティーメリット)」を導入すれば、誰でも簡単に予約システムやオリジナルアプリを設計できます。常連客のスマートフォンに直接連絡したり、ポイント機能を使って来店を促進したりすることも可能です。常連客離れで悩んでいる場合は、ぜひ導入をご検討ください。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

資料請求
資料請求