美容室を多店舗展開する目的・メリットとは? | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

美容室を多店舗展開する目的・メリットとは? 成功させるポイントを詳しく解説

公開日:2024年1月5日

美容室を経営している場合、多店舗展開を考えている方もいるのではないでしょうか。多店舗展開の目的はより多くの収益を上げることです。美容室を多店舗展開すれば経営面で多くのメリットを受けられます。一方で、美容室の多店舗展開で気を付けるべき点もいくつかあるため、あらかじめ把握しておくことが大切です。

美容室の多店舗展開の目的

多店舗展開とは店舗型ビジネスにおいて、複数の店舗を経営することです。多店舗展開の主な目的は長期的な収益増加です。多店舗展開すると単独店舗と比べて、売上を拡大できる可能性が高まります。

1店舗経営ではどんなに人気が高くても対応できる顧客数に上限があります。一方、多店舗展開を行うことでより多くのお客様にサービスを提供でき、収益を伸ばしていけるでしょう。美容室は美容師以外のスタッフは特定の資格を取得する必要がないため、店舗数の拡大を比較的しやすい業態といえます。美容室に足を運ぶお客様が多く、一つの店舗では全てのお客様に十分な対応できない状況であれば多店舗展開を検討するのがおすすめです。

美容室を多店舗展開するメリット

美容室を多店舗展開することで以下のようなメリットが得られます。

それぞれのメリットについて具体的に解説します。

売上や利益の増加につながる

美容室はネイルサロンや美容サロンと同じように多店舗展開することで対応できるお客様が増えるため、売上や利益の増加につなげられます。また、多店舗展開によって複数の地域に店舗展開することで新規顧客の獲得が可能です。店舗数が多いと街中やインターネット上で目にする機会が増えるため、認知度の向上にもつながり、利用を検討してもらえるチャンスが拡大するでしょう。

また、店舗が複数あると多くの方に存在を知ってもらえるため、ブランディングしやすくなります。ブランディングがしっかりとできていれば価格競争から抜け出せ、競合よりも値段が高くても選ばれるようになるでしょう。経営が順調なら店舗数が増えるほど、売上がアップしてき収益がプラスになることが期待できます。

多くのお客様のニーズに応えられる

多店舗展開のメリットは多くのお客様のニーズに応えられる点です。多店舗展開せず1店舗のみを経営していると対応できるお客様の数が限られてしまいます。対応できないお客様は断るしか選択肢がなくなるため、営業面での機会損失につながるでしょう。美容室は継続して利用したいと考えるリピーターの方が多いため、予約がとれない状況は避ける必要があります。

一方で効率を優先すると美容室のカットやカラー、パーマなどの技術や、接客といったサービスの質の低下につながる恐れがあります。利用を希望するお客様が多い状況であれば多店舗展開することで系列店舗への案内ができるため、お客様が離れていく事態を避けられるでしょう。ゆったりとした対応ができることで技術やサービスの質を保ち、お客様のニーズに応えられます。

労働環境を整えられる

美容室を多店舗展開することで労働環境を整えられるのもメリットです。店舗ごとの実情に合わせて営業時間や休日の条件などを変えられるため、スタッフは柔軟な働き方ができるようになります。1店舗のみを経営している場合、1人のスタッフのために労働条件を調整するのは難しいでしょう。例えばスタッフが店舗から遠くに引っ越した場合、1店舗しかないと通勤が遠くなるためそのまま辞めてしまう可能性が高まります。

多店舗展開していれば、引っ越し予定のスタッフに対して別店舗での勤務を勧められ、優秀な人材が抜けてしまう状況を防ぐことが可能です。また、エリア内に複数の店舗があれば、スタッフのシフト調整もしやすくなり、店舗経営がスムーズになるでしょう。

経営リスクを分散できる

多店舗展開によって美容室の経営リスクを分散できます。1店舗のみを経営している場合、売上不振になれば経営者は経済的に大きな打撃を受けてしまいます。状況によっては美容室の経営を継続できず、倒産に陥ってしまうケースもあるでしょう。

一方、多店舗展開している場合はリスクが分散され、全体的に安定した経営をしやすくなります。例え一つの店舗で売上が悪化しても系列店舗の収益でカバーができるからです。一時的に赤字となる店舗があっても経営を維持できれば改善のチャンスがあるため、技術やサービスを向上させて持ち直すことができるでしょう。

仕入れコストの削減につながる

仕入れコストの削減につながる点も美容室の多店舗展開の大きなメリットです。多店舗展開することで複数店舗の備品や商材を一度に仕入れられます。物品を大量購入する際は値引きを受けられる場合が多く、1店舗のみの経営と比較してコストを削減しやすくなるからです。

仕入れコストが削減できれば価格競争で有利になり、利益率をより高められます。同じエリア内で多店舗展開すれば仕入れた備品や商材の発送効率も高くなるため、さらにコストを削減できるでしょう。

美容室を多店舗展開するデメリット

美容室の多店舗展開には多くのメリットがあるものの、下記のようなデメリットが生じる可能性があります。

それぞれのデメリットについて解説します。

固定費や変動費が増える

美容室を多店舗展開することで、店舗経営の固定費や変動費が増えます。美容室経営に必要な消耗品や光熱費などの変動費は工夫によって節約しやすく、顧客が来店しないときはあまり消費されないでしょう。しかし、多店舗展開によって増えた店舗の賃料やスタッフの人件費などの固定費は節約ができません。

店舗数を増やして固定費が増えたにもかかわらず、集客がうまくいかず利益を上げられなければコストの負担だけが大きくなります。多店舗展開を考える際は、増えた分の固定費・変動費を補って利益を出せるだけの見込みがあるのかを検討しておきましょう。

スタッフの管理が難しい

多店舗展開するとスタッフの数が増えるため、1店舗の場合と比べて管理が難しくなります。多店舗展開によって経営者の業務が増え、多忙になるため各スタッフに対応できる時間も減ってしまうでしょう。現場のスタッフとのコミュニケーションが減ることで、意思疎通ができずサービスの質低下や離職につながってしまうかもしれません。

またスタッフの数が多いほど美容室経営のリスクマネジメントに力を入れる重要度は増してきます。スタッフによる不祥事や、SNSでのトラブル拡散といった問題を防止するためには、スタッフ管理を仕組み化することが必要です。

現代では、お客様とのトラブルやスタッフの不祥事などが簡単にSNSで共有され拡散されやすい傾向があります。お客様への対応を誤り取り返しのつかない事態に陥れば、美容室の経営に大きな悪影響が生じる恐れがあります。日頃から就業規則の徹底によってトラブルを防ぐことはもちろん、トラブルが起きたい際にも適切な対応ができるように備えておきましょう。

業務の標準化が必要

多店舗展開をする場合は業務の標準化が必要になります。店舗によってサービスの質が異なっていると利用者の不満や不信感につながるからです。マニュアルの作成やマネジメントの徹底によって業務を標準化し、各店舗の業務手順やサービスの質を均一に保ちましょう。

一方でマニュアルを作成するためには手間や時間が発生します。店舗の運営者のための管理マニュアルや現場スタッフのための業務・接客マニュアルなど、複数の状況に合わせたマニュアルの作成が必要です。

美容室を多店舗展開する3つの方法

美容室を多店舗展開する主な方法は下記の3つです。

それぞれの方法について解説します。

直営

直営は1店舗目の経営者が別の店舗も同様に直接経営する方法です。開業資金の全額を経営者自身で負担しなくてはならないものの、収益は経営者のものになります。外部機関に加盟する必要がないため、多店舗展開が比較的簡単で収益性が高い点が直営のメリットです。

一方、外部機関からのサポート体制がなく、経営を自力で進めていかなければならない点や、まとまった費用が必要な点はデメリットでしょう。経営者の業務負担が大きくなれば、労働時間が増えてしまう傾向もあります。

のれん分け

のれん分けとは自店のスタッフに1店舗目と同じ名前で美容室を開業してもらう方法です。開業資金は主に新しく店舗を経営するスタッフが用意します。のれん分けの方法を行うには、開業に同意するスタッフを見つけなくてはなりません。一方で経営者が多店舗展開の費用負担を抑えられるメリットがあります。同じ名前の店舗が増えれば、多くのお客様に存在を認知してもらえるため、ブランディングにもつながるでしょう。

のれん分けでは直営よりも収益性が下がってしまうデメリットがあります。のれん分けの場合に1店舗目の経営者に入る収益は、のれん分けした店舗の売上の一定割合です。経営者が得られる収益の相場は約7〜10%程度といわれています。また、のれん分けに同意するスタッフが見つからなければ、多店舗展開はできないでしょう。

フランチャイズ

フランチャイズとは事業本部に料金(ロイヤリティ)を支払い、商標やブランド名を使う権利を得て店舗を経営するシステムです。美容室のフランチャイズに加盟することでも多店舗展開が可能です。フランチャイズなら事業本部によるサポート体制が設けられ、認知されたブランド力を利用できる点がメリットです。

一方、フランチャイズではロイヤリティの支払いが発生するため、直営よりも収益性が下がってしまうでしょう。また、経営に関して完全に自由ではなく、事業本部の指導に従う必要がある点もデメリットです。

美容室の多店舗展開を成功させる6つのポイント

美容室の多店舗展開を成功させるためには、下記の6つのポイントが重要です。

それぞれのポイントについて解説します。

1.出店戦略を念入りに行う

美容室の多店舗展開で重要なのは念入りな出店戦略です。2店舗目以降を展開する際、まずは必要な資金を十分に用意できるかを確認しましょう。経営では想定外の出費が発生するケースが少なくないため、資金面には余裕を持たせておくのが望ましいといえます。

その他にもアクセスがよく人が多く集まる立地や、優秀な人材の雇用といった出店に欠かせない条件を満たせるかどうかをしっかり確認しておかなくてはなりません。複数店舗でもサービスの質を保てるようにマニュアルを作成したり、多店舗展開の専門コンサルタントからアドバイスを受けたりするなど、さまざまな事前準備が必要です。多店舗展開を成功させるためには出店戦略に力を入れましょう。

2.新規出店の成功要因を見極める

新規出店の成功要因を見極めることも、美容室の多店舗展開では求められます。既に多店舗展開に成功している同業他社について分析しましょう。店舗のサービスや商材の特徴、コンセプト、立地や周辺環境、経営に利用しているシステムなど、詳細なデータを集めて成功要因を洗い出していきます。

ビジネスにおける重要成功要因は、KFS(Key Factor for Success)と呼ばれ、ビジネスを成功に導くための鍵や要素を指します。KFSの指標を意識すれば、より多店舗展開の成功率を高められるでしょう。競合他社の成功例を参考に自店の多店舗展開に取り入れてみてください。

3.多店舗展開のタイミングに気を付ける

出店のタイミングも多店舗展開では重要とされています。多店舗展開するタイミングが早すぎると失敗する可能性が高まってしまうからです。多店舗展開に適したタイミングは1店舗目の経営が安定してからです。1店舗目で十分な利益を上げられていないなら、まずは1店舗目の収益改善を目指しましょう。

また、2店舗目を開業する際も1店舗目と同様にまとまった費用がかかります。さらに、想定外の出費が発生する可能性も考慮しておかなくてはなりません。多店舗展開によって資金難に陥り、1店舗目の経営まで苦しくならないためにも出店のタイミングには慎重になる必要があります。

4.店舗撤退のボーダーラインを決めておく

多店舗展開を行うにあたって売上不振店に対する撤退のボーダーラインを決めておく必要があります。ボーダーラインを明確にしていないと損失が出ていても多店舗展開を続けてしまい、状況が悪化していく可能性があるからです。一方、撤退する条件を事前にしっかり決めていれば大きなダメージを負う前に事業を縮小できるため損失をある程度で抑えられるでしょう。ダメージや損失を軽減した経営を続けることで、体制を整えた後に再び多店舗展開に臨めるかもしれません。

店舗撤退のボーダーラインの指標として用いられるのは、店舗の赤字の状況や、競合他社の出店状況などです。どのくらいの赤字が出たら撤退するのかをあらかじめ検討しておきましょう。また、競合他社の動向に関しても常に注視しておくことが重要です。

5.マーケティング戦略を立てる

1店舗経営と同じように多店舗展開でもマーケティング戦略が鍵となります。ただし、多店舗展開では1店舗目と同じ手法が効果を発揮するとは限りません。ターゲット層や立地、そして競合他社のレベルによって、効果的なマーケティング戦略も異なるためです。

多店舗展開でのマーケティング戦略の立案では、店舗のコンセプトや5W1Hに関して、改めて検討する必要があるかもしれません。5W1Hとは「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」を指します。自店における5W1Hを洗い出して整理すれば、より一貫性があるコンセプトを設定できるでしょう。

6.経営者不在でも店舗が回るような仕組みをつくる

経営者が複数店舗を同時に回すことはできません。そのため、経営者が不在でも店舗運営をスムーズにするには、現場のスタッフだけで店舗を回せる仕組み作りが必要です。多店舗展開では店舗数が増えるほど経営者が全ての店舗に関わることが難しくなります。例えば管理や業務のマニュアルをしっかり用意しておけば、経営者がいなくても店舗運営が可能です。

また店舗スタッフの役割配置によって組織体制を明確化しておくことも効果的です。店舗の責任者として店長を配置すれば、経営者がいない際の指揮管理を任せられます。店舗数が多い場合は、複数店舗の責任者としてマネージャーを配置してもよいでしょう。スタッフの役割を決める際は名ばかりの肩書きになってしまわないよう、あわせて責任の所在もはっきりさせておきましょう。

美容室の経営がうまくいっているならより多くの顧客にサービスを提供し、収益を向上させる多店舗展開がおすすめです。多店舗展開なら経営リスクを分散でき、仕入れコストを削減できるといったメリットがあります。

多店舗展開すると管理業務が複雑になり業務負担が大きくなりやすいため、サロンの管理システム「BeautyMerit」の導入がおすすめです。BeautyMeritは公式アプリの作成や一元管理システム、Web予約の3つの機能をパッケージしたシステムです。BeautyMeritの活用によって管理業務を効率化でき、多店舗展開の経営がスムーズに進められるでしょう。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画