マツエクサロンの開業にはどのような準備が必要?経営のコツを紹介します! | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

マツエクサロンの開業にはどのような準備が必要?経営のコツを紹介します!

公開日:2024年2月12日

マツエクサロンの需要は増加しつつあります。ビューティー分野のお店をこれからオープンさせようとお考えなら、マツエクサロン経営を視野に入れてみましょう。

サロンの開業や経営は、計画的に行わなければ失敗してしまう可能性もあります。十分な準備をし、効率よくマツエクサロンを運営することが大切です。

この記事では、マツエクサロンを経営するときに知っておきたいポイントや、必要な準備、顧客管理におすすめのシステムについて紹介していきます。

マツエクはいつから流行っている?

マツエクが誕生したのは1980年頃とされています。美容大国といわれる韓国でマツエクが誕生し、2000年頃に日本に広まりました。2000年代から2010年代には日本国内でもマツエクサロンが続々とオープンしました。

マツエクサロンを訪れる女性の年齢層は幅広く、若い方だけでなく高齢の方も利用しています。美容への興味関心が高い方にとって、マツエクは美容室やエステに行くのと同じような、身だしなみの一環となりつつあるでしょう。

マツエクサロンの経営を成功させるためのポイントは?

マツエクサロンの経営を成功させるには、開業前の周到な準備が必要です。資金調達や集客が見込める物件探し、人材募集はもちろん、宣伝活動も欠かせません。また、マツエクサロン経営を考える方にとって、利益を上げられるかは特に気になるポイントでしょう。マツエクサロンで利益を出すためには、施術の原価を安く抑える必要があります。業者選びや使用する機材の選定を工夫し、抑えられる費用はなるべく抑えるようにしましょう。

開業後も、マツエクサロンを経営するには人件費や光熱費などさまざまな費用がかかります。費用面の負担を和らげるためにも、十分な計画を立てた上でマツエクサロンを運営する必要があります。加えて、マツエクサロン経営を安定させるためには、効率的な集客でリピーターを増やしていく対策が重要です。

マツエクサロン開業ではどのような準備が必要?

ここからは、マツエクサロンを開業するまでのステップについて紹介します。

計画を立てる

マツエクサロンを開業して独立するためには、綿密な計画を立てることが大切です。マツエクサロンのオープンまで、十分な準備期間を設けるようにしましょう。

どのような立地にどのような広さの物件を用意するのか、スタッフを何人雇用するのか、どのようなメニューを提供するのかなど、考えておきたいポイントはたくさんあります。それに伴い、開業に必要な費用も変わってきます。

開業後に安定した経営ができるよう、先々を見据えて事前に計画を立てていきましょう。

資金を準備する

マツエクサロン開業の計画段階で、必要な費用を調達しておきましょう。開業時の初期費用で特に高額になりやすいのは、店舗物件の契約費用や家賃です。更に内装工事の費用を加えた場合、コンパクトな店舗やシンプルな内装であっても、数百万円はかかると想定しておきましょう。

また、スタッフを雇う際の人件費や施術機材の購入費、開業後の運転資金なども用意しておく必要があります。費用を自己調達するのが難しいときには、融資の利用なども検討しなければなりません。

物件を取得する

実店舗がなければ、マツエクサロンの開業準備を始めることはできません。マツエクサロンを開業することを決めた際には、出店する物件を早めに探すのがおすすめです。

店舗物件を選ぶときには家賃や立地、広さなど、考慮すべきさまざまなポイントがあります。条件の全てを満たす完璧な物件を見つけるのは難しいため、どの部分を妥協できるか考えておくとよいでしょう。

また、物件の取得後には内装の工事が必要です。予定する開業時期までに工事が間に合うよう、早めに物件の契約や工事の手配を進めておくことが大切です。

機材や道具を揃える

マツエクサロンの開業に向けては、備品を揃え環境を整える必要もあります。サロン運営に必須な機材や道具の中には価格が高いものもあるので、細かく資金計画を立てておきましょう。

例えば、お客様が座るチェアはリクライニング式のものが適しています。チェアとドレッサーを揃えると、一組数万円かかることもあります。他に、ワゴンやアームライト、キャビネット、タオルやブラシなどの用意も必要です。スムーズに備品を揃えるためにも、どのアイテムにどれだけの費用がかかるのかを事前に確認しておくとよいでしょう。

スタッフを採用する

マツエクサロン開業の目処が立ったら、実際にサロンで働いてもらうスタッフを採用します。採用したスタッフに仕事を覚えてもらうまでにはある程度の日数が必要です。サロンのオープン日時から逆算して計画を立て、スタッフの教育を効率よく進めていきましょう。

集客や宣伝をする

せっかくマツエクサロンを開業しても、お客様が集まらなければお店を続けていくことはできません。店舗のオープン前には、チラシの配布やタウン誌への出稿、ホームページの作成やSNSでの宣伝などさまざまな方法で集客を行うことも重要です。

マツエクサロンのメインターゲットを選定し、効果的にアピールするためにはWebを活用した宣伝が有効です。また、サロン予約アプリの活用もおすすめです。

マツエクサロン開業に必要な資格や経験とは

マツエクサロンをオープンさせる際に必要となる資格や届け出について、確認しておきましょう。無許可でマツエクサロンを経営した場合、違法とみなされることもあります。

ここからは、マツエクサロン開業の準備段階で確認しておきたい資格や届け出、経験について解説します。

開業時に必要な資格

日本国内でマツエクサロンを開業するためには、美容師免許が必要です。

なお、店舗でアイリストを雇用した上で、自分は施術に携わらず経営に徹するという場合であれば、開業する人の美容師免許は不要です。経営者もマツエクの施術をする場合には美容師免許を取得しなければなりません。自分を含め2名以上のアイリストが在籍する場合は、少なくとも一人は管理美容免許を所持している必要があります。

開業時に必要な届け出

マツエクサロンを開業するときには美容所開設届出書と開業届を提出しましょう。

美容所開設届出書は美容所登録を行うためのもので、開業の1~2週間前までに所轄の保健所に提出します。提出後には保健所の環境衛生監視員による店舗の検査があります。

開業届は所轄の税務署に提出します。申請の期限は事業のスタートから1カ月以内です。

十分な経験も必要

マツエクサロンを開業する条件として経験年数などは定められていませんが、経営を軌道に乗せるためには、十分な経験も不可欠です。マツエクサロンを利用するお客様は、満足のいく施術ができるアイリストが在籍するサロンを選びます。施術に満足してもらえなければ、リピートにはつながりません。独立後に多くの顧客を獲得するためにも、開業前に多くの技術を身につけておきましょう。

一方、マツエクサロン経営にあたって必要となるのは施術の技術だけではありません。店舗を経営する能力も求められます。集客や顧客対応、スタッフへの対応、費用の管理といった一連の業務をスムーズに行うために、幅広い経験や知識を蓄えておくことも大切です。

ビューティーメリット(BeautyMerit)がマツエクサロン経営をサポート!

ビューティーメリット(BeautyMerit)はサロンの予約管理からブランディングまで、マツエクサロンの経営に必要なサポートをしてくれるサービスです。

マツエクサロン経営の効率化に役立つビューティーメリット(BeautyMerit)にはどのような機能があるのか、具体的にみていきましょう。

予約管理

ビューティーメリット(BeautyMerit)では、複数サイトの予約を一元管理することが可能です。また、アプリから24時間365日いつでも予約することができるため、電話での予約にハードルの高さを感じる方でも、アプリで気軽に予約しやすくなります。時間変更やキャンセルがすぐにできることもメリットのひとつです。

店舗側にとっても、メリットは数多くあります。例えば、電話対応にとられる時間が減ったり、システム上で予約の一元管理をすることで、その場で素早く予約状況を把握できるようになるといったメリットが考えられるでしょう。

店舗紹介

ビューティーメリット(BeautyMerit)のアプリでは店舗のメニューや商品、在籍スタッフなどさまざまな情報を掲載できます。施術メニューを写真つきで分かりやすく掲載したり、ブログを紹介したりと、活用方法は多岐にわたります。

ビューティーメリット(BeautyMerit)を使えば、お店の宣伝の効率化や、広告宣伝費の削減にもつながるでしょう。

クーポン設定

顧客を増やし定着率を高めるためには、ポイントやクーポンをうまく活用するのが効果的です。ビューティーメリット(BeautyMerit)のアプリは、顧客に対するポイントの付与やクーポン情報の掲載といったことも可能です。

最適なタイミングでクーポン情報を掲載したり、ポイントシステムを活用して、顧客の再来率を高めましょう。

メッセージ配信

システムからメッセージを配信して来店を促すのも効果的な営業手法です。再来率を高められるメッセージには、予約確認や来店のお礼、誕生日メールやキャンペーンメールなどがあります。また、前回来店から一定の期間が経過したタイミングでメッセージを自動配信するのもおすすめです。

ビューティーメリット(BeautyMerit)の機能では、ターゲットを絞ってメッセージを配信することもできます。顧客の属性ごとに興味関心を惹くメッセージを送付し、来店率を高めていきましょう。

データ分析

ビューティーメリット(BeautyMerit)には顧客の予約状況や利用メニュー、会計データといった情報が集約されていきます。そのため、ビューティーメリット(BeautyMerit)を活用することで、システム上で店舗の経営状況を把握することが可能です。

システム上に集約された数字はサロンのデータ分析に活用でき、予約経路や売上の傾向といったデータを十分に分析すれば、より効率の良い営業や宣伝の実施につなげられます。

ビューティーメリット(BeautyMerit)の活用事例

業務の効率化や顧客管理、集客に役立つビューティーメリット(BeautyMerit)は、既に多くのマツエクサロンやアイサロンで導入されています。ここからは、ビューティーメリット(BeautyMerit)を活用しているマツエクサロンの事例を紹介します。

活用事例1:顧客の囲い込みにつながった

こちらのサロンではインターネット予約を通じて顧客の囲い込みを行う目的で、ビューティーメリット(BeautyMerit)を導入しています。24時間いつでも予約・キャンセルできるシステムがあれば、顧客は気軽にサロンを利用しやすくなります。また、会員向けクーポンやポイントのプレゼントといった方法も、顧客の囲い込みに効果を発揮するでしょう。

活用事例2:広告費削減とブランディングができた

広告費削減やブランディングを目的として、ビューティーメリット(BeautyMerit)を利用するサロンもあります。こちらのサロンではアプリを使った予約システムで集客し、広告費の削減につなげています。アプリを使うリピーターが増えて予約が埋まることで、人気サロンだというイメージが広まればサロンのブランディングにもつながるでしょう。

活用事例3:予約対応の効率がアップした

専用システムを上手に活用すれば、スタッフの負担を軽減することも可能です。
こちらのサロンは席数が少ないプライベートサロンで、スタッフの人数も限られています。予約を効率化すればスタッフの電話対応が減り、目の前のお客様の接客に集中しやすくなります。その結果、顧客満足度や従業員満足度が上がりやすくなり、リピーター獲得や売上向上の効果も見込めるでしょう。

マツエクサロンの経営方針を定め、十分な準備をしておこう

マツエクサロンは費用対効果が高く、経営を効率化することで多くの収益を上げられる可能性があります。ただし、マツエクサロンの開業時にはまとまった初期費用が必要となる他、十分な事前準備が欠かせません。また、開業後も資金不足に陥ることがないよう、人件費や設備維持費を工夫したり、宣伝活動に注力する必要があります。

マツエクサロン経営を成功させるためには、効率的な集客でリピーターを増やしていく対策が重要です。開業の段階でマツエクサロンの経営方針を綿密に定め、しっかりと準備を進めていきましょう。

ビューティーメリット(BeautyMerit)は、予約管理の一元化やクーポン設定、顧客分析など、多彩な機能を持つシステムです。マツエクサロンの効率的な経営をサポートするビューティーメリット(BeautyMerit)をぜひご活用ください。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画