一人美容室を開業するメリット・デメリットは? | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

一人美容室を開業するメリット・デメリットは?成功するポイントも解説

公開日:2024年1月17日

美容師としての経験を積んでいくうちに独立を考える方もいるでしょう。美容師が独立した場合は美容室をオープンさせますが、業態の一つとして一人美容室が挙げられます。一人美容室とは、その名の通り、一人で美容室を経営することです。一人美容室にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

本記事では、一人美容室のメリット・デメリット、成功のポイントを解説します。

一人美容室を開業するメリット

一人美容室を開業するメリットは次の通りです。

それぞれのメリットを詳しく解説します。

営業時間を自由に設定できる

一人美容室を開業するメリットの1つ目は、営業時間を自由に設定できることです。

一人美容室は自分がオーナーであるため、営業時間を自由に設定できます。自分で時間の設定ができれば、プライベートの時間を確保しやすくなり、ワークライフバランスも充実するでしょう。

自分の希望する店づくりができる

一人美容室を開業するメリットの2つ目は、自分の希望する店づくりができることです。

おしゃれを楽しむ美容室にとって、内装やコンセプトは大切な要素です。一人美容室であれば、自分の希望する内装やコンセプトに沿った店づくりが可能であり、自分の希望する店づくりが実現できれば、モチベーションを高く維持して働けるでしょう。

利益が収入になる

一人美容室を開業するメリットの3つ目は、利益が収入になることです。

美容師として美容室に勤務している場合、必ずしも納得いく給与が得られるわけではありません。しかし、一人美容室であれば売上から経費を引いた利益が全て収入になります。

一人美容室の開業直後は満足できる収入が得られない可能性もありますが、お客さまが増えれば収入が高まっていくでしょう。

人件費がかからない

一人美容室を開業するメリットの4つ目は、人件費がかからないことです。

通常の美容室を開業する場合、規模に応じてスタッフを採用する必要があります。そのため、経費の大きな部分を占める人件費が発生してしまいます。

しかし、一人美容室であればスタッフを雇わない限り、人件費は不要です。

採用活動も不要

一人美容室でスタッフを雇わない場合、採用活動も不要です。

一般的にスタッフを募集する際は求人媒体に情報を掲載します。求人媒体に掲載するには掲載費用がかかります。しかし、せっかくお金をかけて求人媒体に情報を掲載しても、思うような採用に至らない可能性もあるでしょう。採用できない場合はさらに採用活動のための費用が必要です。

その点、一人美容室であれば採用活動が不要なため、求人媒体への掲載も不要です。

開業資金を抑えられる

一人美容室を開業するメリットの5つ目は、開業資金を抑えられることです。

一人美容室は一般の美容室を開業するよりも資金を抑えられる傾向にあります。一人美容室であれば人件費がかからない上に、美容室の店舗面積、導入する設備も、一般の美容室よりも少なくて済みます。

特に自宅の1階部分を美容室にする場合は賃料がかからないため、より開業費用を抑えられるでしょう。

人間関係についての悩みが減る

一人美容室を開業するメリットの6つ目は、人間関係についての悩みが減ることです。

複数人の美容師が勤務している場合、スタッフ間でのトラブルが発生する可能性があります。このような人間関係についての悩みが減るのが、一人美容室メリットです。

一人美容室を開業するデメリット

一人美容室であれば、自分で営業時間を設定できる、自分の希望する店づくりができるなどのメリットにつながります。また、美容室に勤務しているより、金銭的な余裕が生まれる可能性もあるでしょう。

しかし、一人美容室の開業はメリットだけではなく、次のようなデメリットも考えられます。

集客が伸びない

一人美容室のデメリットの1つ目は、集客が伸びないことです。

一人美容室をオープンさせたとしても、お客さまが集まらない可能性があります。美容師として勤務している際はお店が集客のための施策を考案していたでしょう。しかし、一人美容室を開業させると、自分で集客のための施策を講じる必要があります。

例えば、他店との差別化を図る、来店したお客さまにDMを送付してリピーターになってもらうなどの工夫が必要です。

長期で継続するのが困難

一人美容室のデメリットの2つ目は、長期で継続するのが困難なことです。

一人美容室は開業してから廃業するまで、一人で全てに対応しなければなりません。そのため、高齢になるとそのまま店を運営するのが困難になる可能性があります。

一人美容室を経営している間に、後継者やスタッフを採用するのか、そのまま引退するのかを決める必要があることを理解しておきましょう。

一人で対応できる範囲が限られる

一人美容室のデメリットの3つ目は、一人で対応できる範囲が限られることです。

一人美容室の場合、自分だけで対応できる範囲は限られてしまいます。お客さまが増えていっても、一人で対応できる許容範囲を超えてしまうと、対応しれきれなくなるかもしれません。

つまり、一人で対応できる範囲が限られているということは、売上にも上限があるということです。一人美容室の場合は、自分が対応できる範囲以上に売り上げることが難しいでしょう。

経理も担当する必要がある

一人美容室のデメリットの4つ目は、経理も担当する必要があることです。

一人美容室は自分一人で全てを切り盛りしなければならないため、当然経理も自分で担当しなければなりません。経理については専門的な知識が求められるケースがあります。例えば、インボイス制度や確定申告についての知識を深める必要があります。

また、経理業務をこなしがらお客さまの施術を担当するとなると、負担が増えてしまうでしょう。

経営不振によって廃業する可能性がある

一人美容室のデメリットの5つ目は、経営不振によって廃業する可能性があることです。

一般的に美容室を開業する場合、長期的な事業計画を準備し、計画に従って経営していきます。事業計画が明確になっていない場合、経営が軌道に乗らない可能性があります。

経営が軌道に乗らなくなってしまったことで、廃業せざるを得なくなってしまうかもしれません。

廃業の際に費用がかかる

一人美容室のデメリットの6つ目は、廃業の際に費用がかかることです。

経営不振や年齢など、さまざまな理由で廃業する場合であっても、費用が必要です。例えば、設備の撤去費用や退去するまでの賃料などがかかります。さらに、開業にあたって金融機関から融資を受けている場合は、廃業後も返済が発生します。

一人美容室の売上はどれくらい?

一人美容室を安定して経営していくには、どれくらいの売上が予想できるかのシミュレーションをすることが大切です。

例えば、次のような条件でシミュレーションしてみましょう。

・単価:6,000円
・1日の客数:4人
・営業日数:22日
・材料費:10%
・家賃:7%
・水道代・光熱費:4%
・備品代:1%

美容室の売上は単価×顧客数で算出可能です。そのため、上記の条件であれば月の売上は次のとおりです。

・6,000円×4人×22日=52万8,000円

しかし、この金額の全てが利益になるわけではありません。次の通り、売上から経費を引いた額が利益です。

・52万8,000円-5万2,800円(材料費)-3万6,960円(家賃)-2万1,120円(水道代・光熱費)-5,280円(備品代)=41万1,840円

一人美容室は客数を増やすことで売上を伸ばすことが可能です。しかし先述の通り、一人で対応できる範囲は限られるため、無理に客数を増やそうとすると、自分に負荷をかけてしまうでしょう。

一人美容室を成功させるポイント

一人美容室を成功させるポイントは大きく次の3つです。

それぞれのポイントについて解説します。

コンセプトを明確にする

一人美容室を成功させるには、どのような美容室にするかのコンセプトを明確にしましょう。

例えば、地域に密着した店舗なのか、カラーやカットなど、自分の得意とする部分に特化した店舗なのかなどを打ち出すことで、他店舗との差別化が期待できます。

コンセプトを明確にする際は、数年後にどのような美容室を目指すかをイメージすることが大切です。

売上を意識する

一人美容室を成功させるには、売上を意識することも大切です。

一人美容室の経営はプレイヤーだけでなく、経営者としての視点も求められます。経営者としての視点で売上を意識しましょう。売上を上げるには次のような施策が考えられます。

・単価を上げる
・新規顧客を増やす
・リピーターを増やす
・店販の販売数を増やす

例えば、店舗のターゲットを明確にして、それに合ったアプローチをしてお客さまを増やしていきましょう。また、独自のスペシャルメニューを開発して単価を上げるという方法もあります。

成功している店舗を参考にする

一人美容室を成功させるには、成功している店舗を参考にすることも重要です。

一人美容室を経営する上では、成功している他の店舗を参考にしてみましょう。成功している店舗のインターネットやSNSもチェックするだけでなく、実際に足を運んでみるのもおすすめです。

実際に足を運んでサービスを受けることで、なぜ成功しているのかに気付けるかもしれません。また、参考にすべき点だけでなく、改善すべき点も見つけられる可能性もあるでしょう。

BeautyMerit(ビューティーメリット)を活用して、一人美容室の経営を成功に近づけよう

一人美容室は営業時間を自由に設定できる、自分の希望する店づくりができるなどのメリットがある一方、集客に苦労する、経営不振によって廃業する可能性があるなどのデメリットもあります。

一人美容室を成功させるには、コンセプトを明確にする、売上を意識するといったポイントを押さえておきましょう。

また、一人美容室は集客や顧客管理、売上の管理などを全て一人でこなさなければなりません。そのため、美容室の顧客管理や売上管理に適したシステムの導入がおすすめです。

BeautyMerit(ビューティーメリット)であれば顧客管理や売上の管理、予約管理の自動化が可能です。そのため、一人美容室の業務にかかる負担を軽減できます。一人美容室の開業を検討している方、煩雑なシステム管理に悩んでいる方はぜひ導入をご検討ください。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画