ネイルサロン経営の準備は?失敗例や成功のポイントを解説 | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -
ネイルサロン経営の準備は?失敗例や成功のポイントを解説

ネイルサロン経営の準備は?失敗例や成功のポイントを解説

公開日:2023年7月31日

ネイルサロン経営にあたって必要となる資格はありません。そのため、すぐに開業することが可能です。しかし、すぐにネイルサロンを開業しても成功につながるとは限りません。きちんと準備をせず開業したことで、経営が失敗してしまう可能性もあります。

この記事ではネイルサロン経営にあたっての準備や失敗例、成功するポイントを解説します。

ネイルサロン経営にあたっての3つの準備

ネイルサロンを経営するには事前の準備が必要です。ここでは、次のような流れでネイルサロン経営に必要な3つの準備事項を紹介します。

ネイルサロンの開業形態を決める

まずは、ネイルサロンの開業形態を決めます。ネイルサロンの開業形態として店舗型(マンション)、店舗型(テナント)、自宅型、出張型など6つが挙げられます。それぞれのメリット、デメリットは次のとおりです。

開業形態 メリット デメリット
店舗型(マンション) ・内装はある程度決められる
・開業場所を自由に決められる
・開業資金・賃料が発生する
・密室のため安全面で不安が残る
店舗型(テナント) ・自由度が高い
・比較的集客しやすい
・開業資金が高額になる
・賃料が高額になる
自宅型 ・初期費用を抑えられる
・賃料が発生しない
・開業場所が選べない
・集客に苦労する可能性がある
出張型 ・初期費用を抑えられる
・自宅に待機すれば賃料が発生しない
・移動時間が発生する
・交通費が発生する
間借り型 ・初期費用が抑えられる
・間借り元の店舗とキャンペーンを
実施して集客につなげられる
・間借り元の店舗の集客力に
影響される
・間借り可能な場所を探すのに
時間がかかる
フランチャイズ型 ・集客効果が高い
・大手独自のノウハウを反映できる
・初期費用が高い
・ロイヤリティが発生する

各形態のメリット、デメリットを把握して自分に適した開業方法を選択しましょう。

賠償保険に加入する

ネイルサロンでの施術によって、お客様の爪の状態が悪化してしまう可能性があります。こうした施術が原因であるトラブルに対応するために、賠償保険への加入を検討しましょう。最近ではネイルサロンに特化した賠償保険も出ています。

開業届を出す

ネイルサロンを開業するには、ヘアサロンやエステのような保健所への申請は不要です。しかし、開業する以上は税務署へ開業届を提出する必要があります。売上が少ないからといって開業届を未提出でいると、過去に遡り納税を迫られる可能性があるため注意が必要です。

なお、開業届の提出時には屋号を決められます。屋号がなくても開業届は提出できますが、屋号を決めることで屋号名義で銀行口座が開設可能です。

個人事業の場合、プライベートとの境が曖昧になりがちです。そのため、銀行口座を屋号の事業用とプライベート用とでしっかり分けて、メリハリをつけるとよいでしょう。

ネイルサロン経営にかかる初期費用の種類は?

ネイルサロンを経営するには初期費用が必要です。ネイルサロン経営に必要な初期費用の項目として、以下が挙げられます。

・ 物件取得費用
・ 内装工事費
・ 機材・設備・備品費用
・ 広告宣伝費用

ネイルサロンを経営するときには、これらの初期費用を用意しておきましょう。なお、自宅でネイルサロンを開くのであれば、物件取得費用は抑えられます。

開業資金は融資制度も活用できる

ネイルサロンの開業に必要な費用は高額になる可能性があります。そのため、自己資金や親族からの援助だけでは賄えないかもしれません。ネイルサロンの開業資金が足らなそうであれば、融資制度の活用を検討してみましょう。ネイルサロン経営に役立つ融資制度として、日本政策公庫による「新創業融資制度」があります。同制度の詳細は次のとおりです。(※)

利用可能な人 ・新たに事業を始めるもしくは、事業開始後税務申告を2期終えていない人
・新たに事業を始める人、もしくは事業開始後税務申告を1期終えていない人で、
創業時において創業資金総額の1/10以上の自己資金(事業に使用される予定
の資金を)が確認できる人
担保・保証人 原則不要
融資限度額 3,000万円(うち運転資金1,500万円)

また、融資制度以外にも自治体ごとの助成金も活用できます。例えば、公益財団法人東京都中小企業振興公社では「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」を用意しています。同助成事業の助成限度額は次のとおりです。(※)

経費区分 助成率 助成限度額
事業所整備費 店舗新装・改装費 3/4以内 400万円
設備・備品購入費
(税込10万円以上)
宣伝・広告費
(税込10万円以上)
実務研修受講費 2/3以内 6万円
店舗賃貸料 3/4以内 1年目:180万円
(15万円/月)
2年目:144万円
(12万円/月)

起業に対しての助成金は自治体で異なるため、ネイルサロンを開業する地域の制度を確認してみましょう。

※出典:日本政策金融公庫 「新創業融資制度」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/04_shinsogyo_m.html, (入手日付2023.05.25).

※出典:公益財団法人 東京都中小企業振興公社 「若手・女性リーダー応援プログラム助成事業」
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/wakatejosei.html, (入手日付2023.05.25).

ネイルサロン経営は難しい?よくある5つの失敗例

ネイルサロンの経営は他業界と比較して難しいと言われています。ネイルサロン経営で失敗してしまうケースとして次の5つが挙げられます。

コンセプトが曖昧になっている

ネイルサロンのコンセプトが曖昧になっていると、店舗の魅力がお客様に伝わらず、安定した売上を上げられない可能性があります。ネイルサロンを経営するにはコンセプトを明確にすることが大切です。ネイルサロンのコンセプトを決める際はお客様のペルソナを設定します。例えば次のようなペルソナを設定したとします。

・ 40代
・ 子育て中
・ 働く女性
・ 値段よりも質の高いサービスを望む

次に設定したペルソナに合うお客様に満足してもらう条件を考えましょう。例えば、働く女性をターゲットにするのであれば、会社が終わった時間でもオープンしているネイルサロンが喜ばれます。このようにペルソナに沿ってコンセプトを明確にしていきます。

集客に注力していない

ネイルサロンをオープンしても、いきなりお客様が来店するわけではありません。ホームページやブログなどを通して集客に力を入れないと、お客様の来店にはつながりません。最近ではLINEやInstagramなどのSNSも集客のために活用可能です。ブログやSNSでサロンの魅力を発信して集客につなげましょう。

競合と差別化ができていない

ネイルサロンは数多くあるため、サロンを開業した近隣に競合がいる可能性があります。競合となるサロンと差別化できていないために、お客様が来店されないのかもしれません。他サロンと差別化を図り、来店を促していきましょう。例えば、ネイルの資格を取得して施術技術の高さを伝えるといった方法で差別化が図れます。

初期費用をかけすぎている

サロンに高性能な機材を導入したり、内装にこだわったりすると多くの初期費用がかかってしまうかもしれません。初期費用が多くかかってしまうと、オープン後の経営が圧迫されます。結果として売上が上がらずサロンの経営に失敗してしまう可能性があります。

サロンを開設するときには最低限必要な環境だけを揃えて、経営が安定してきたら徐々にこだわりを反映させていきましょう。

価格設定が低くなっている

安さを売りにしたことで、ネイルサロンの経営に失敗してしまうケースがあります。安さをお店の売りにしている場合、さらに安いサロンが登場したら価格競争につながりかねません。価格競争に発展してしまうと、採算を無視した価格設定になり、経営を悪化させてしまいます。そのため、価格は安さではなく、クオリティに応じて設定しましょう。

ネイルサロン経営を成功させる5つの方法

ネイルサロン経営を成功させるには、失敗例を参考にする以外にも次の5つを意識してみましょう。

経営の知識を身につけておく

ネイルサロンを経営する際は、ネイルの知識だけでなく経営についての知識も身につけておくことが大切です。例えば利益を伸ばすために、施策を考えたり、新サービスを考えたりといった能力も求められます。

ネイルスクールの中には、経営についても教えているスクールもあります。ネイルサロン経営で求められる知識に不安があれば、スクールへの参加を検討してみましょう。

資金は3カ月分用意しておく

ネイルサロンの経営をスタートさせても、すぐにお客様が来店されるわけではありません。そのため、しばらくの間は安定した売上は期待できないでしょう。経営が安定するまでの間、あらかじめ3カ月分の資金を用意しておくのがおすすめです。

資金に余裕がないと経営でストレスを感じてしまうかもしれませんが、余裕があればストレスを感じずに経営に集中できるでしょう。

スモールスタートを意識する

スモールスタートとは事業をスタートさせる際の言葉で、最低限のサービスでスタートして徐々に規模を広げていくことを指します。

ネイルサロンを経営する場合もスモールスタートを意識しましょう。いきなり手広くスタートしてしまうと、投資した費用を回収するのに時間がかかり経営を圧迫してしまいます。

リピーターを獲得する

ネイルサロンの経営を成功させるには、リピーターの獲得が重要です。サロンのリピーターを獲得することで、安定した売上につながります。リピーターを獲得するために、DMやクーポン配布を活用して、来店後もお客様とコミュニケーションを図るといった取り組みをしましょう。

例えば、サロン管理システムであるビューティーメリット(BeautyMerit)は、お客様のスマートフォンに直接クーポンやメッセージを送信できるシステムが備わっています。

ロゴを作ってサロンを覚えてもらう

ロゴを作ることも他業界と同様で、サロン経営を成功させるポイントです。ロゴによってサロンの認知度が高まれば集客効果も期待できます。

ロゴを作成する際は、サロンのコンセプトや雰囲気が伝わるようなデザインを心掛けましょう。開業資金が高くなってしまいますが、プロのデザイナーにロゴ制作を依頼するのも一つの方法です。

ネイルサロン経営をサポートするビューティーメリット(BeautyMerit)

ビューティーメリット(BeautyMerit)は、お客様のスマートフォンに直接メッセージを送れるプッシュ通知機能以外にも、次のような機能を備えています。

・ 予約機能:アプリから24時間予約に対応
・ 予約管理:予約キャンセルの対応や過去の予約履歴の管理
・ クーポン設定:セットメニューなどのパッケージ型クーポンやメニューと連動したクーポンの設定

ここからは、ビューティーメリット(BeautyMerit)を導入したネイルサロンの事例を紹介します。

集客・予約サイトのプランダウンが実現

ビューティーメリット(BeautyMerit)に備わった予約機能を活用して、集客・予約サイトのプランダウンが実現したケースです。多くのサロンが外部の集客・予約サイトから集客をしています。しかし、外部の集客・予約サイトはプランに応じた費用がかかる上に、広告費用もかかってしまいます。そこでこのケースでは、ビューティーメリット(BeautyMerit)での予約に切り替えました。切り替えたことで、ビューティーメリット(BeautyMerit)経由の予約が増加し、集客・予約サイトのプランダウンや広告費用の削減につながりました。

また、集客・予約サイトは競合サロンの情報も表示されますが、ビューティーメリット(BeautyMerit)であれば自サロンしか表示されないため、リピーターの囲い込みにつながります。

予約管理の一元化

ビューティーメリット(BeautyMerit)は、複数の集客・予約サイトから入った予約の一元管理が可能です。このケースでは予約を一元管理したことで、施術中の電話対応減少や予約管理の時間削減を実現できました。

また、ビューティーメリット(BeautyMerit)のリマインド機能によって急なキャンセルが減少して、時間に無駄がなくなりました。

ネイルサロンはポイントを押さえて経営しよう

ネイルサロンは他業種と比較すると経営が難しいと言われています。しかし、経営の知識を身につけた上で、資金に余裕を持ち、スモールスタートを心掛ければ、成功に導けるでしょう。反対にコンセプトが曖昧になっている、集客に注力していない場合などは、経営に失敗するかもしれません。

ネイルサロンの経営には、予約管理の効率化やリピーター獲得につながるビューティーメリット(BeautyMerit)の導入がおすすめです。ビューティーメリット(BeautyMerit)を活用して、ネイルサロンを効率的に経営していきましょう。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

お役立ち資料請求
お役立ち資料請求