美容室の新規集客につながる方法とは? | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

美容室の新規集客につながる方法とは?必要なことや成功させるためのポイントなどをご紹介

公開日:2023年12月25日

美容室の数が増え続けている今、新規集客の競争は激化しています。美容室が集客に力を入れるためには、ターゲット層を見据えた効果的な施策を打ち出さなくてはなりません。美容室の集客に効果的な施策は、主にSNSの運用と情報発信です。

美容室新規集客の課題点

美容室の新規集客には下記のような課題点があります。

それぞれの内容について詳しく解説します。

顧客の獲得が難しい

美容室増加の原因として、美容師になる人が増えており独立を目的とした働き方が業界の慣習となっていることが挙げられます。美容室の数は増加しているものの、業界全体の売り上げ規模は少ないため顧客の獲得が難しいのが現状です。

また、スマートフォンの普及によって美容室の情報がインターネットで手軽に収集できるようになりました。ユーザーは数多くの美容室から店舗を選べるので、新規顧客の獲得競争が激しくなっています。今後美容室が新規顧客を増やすためには、競合との差別化や付加価値の創出、お客様が来店したいと感じる店舗作りなどが必要です。

リピートしてもらう環境・工夫が必要

美容室の経営を成功させるには、新しく顧客を獲得するだけでなくリピートしてもらう環境や工夫が求められます。例え新規顧客が来店しても、カット・カラーの技術や接客、店舗の雰囲気作りなどが不十分であればリピーターにはつながりません。またサービスの品質に加え、店舗のターゲット層と来店するお客様の層がズレているとリピーターがつかない原因になります。

お客様にリピートしてもらうには、お客様が何を求めているのかを考え、それを実現する環境づくりや工夫が必要です。おもてなしの心を大切にし、親身になって接するなどお客様との信頼関係の構築もリピート率の向上に役立ちます。

価格競争が厳しい

価格競争が激しい点も美容室の課題です。多くの店舗では集客するために割引クーポンを発行しています。しかし、クーポンの利用が増えるほど客単価の平均が低下し、利益率が下がってしまいます。クーポン価格を期待するお客様が増えることで、客単価を上げることが難しくなるでしょう。

現在では多くの美容室がクーポンを発行しているため値引き競争がさらに激しくなっています。しかし価格の安さだけで集客していると利益率が下がる一方です。より安い美容室が登場すれば、お客様が減ってしまうかもしれません。値引きで集客するよりも価格以外の価値を生み出し、自店の技術やサービスを目的に来店してもらえる集客を目指すことが大切です。

美容室の新規顧客の集客に必要なこと

美容室の新規顧客を集客するために必要なことは下記のとおりです。

それぞれのポイントを解説します。

店舗の存在を知ってもらう

美容室で新規顧客の集客を果たすには、まず店舗の存在を知ってもらう必要があります。より多くの人に店舗をアピールするためにも、目的に合わせてオンライン・オフラインの両方を活用することが重要です。

例えば、店舗が位置する地域に根差した地元志向の美容室を目指すなら、新聞広告やチラシなどオフラインの宣伝を活用すると効果を得やすいでしょう。ターゲットの年齢層が高いほどインターネット上よりも紙媒体の広告の方が見てもらえる可能性は高くなります。反対に、広い範囲で集客するなら自社サイトやサロン検索サイトなど、オンラインでのアピールがおすすめです。また、若い世代をターゲットとしているならSNSの運営も効果的です。ターゲットとしている層にマッチする方法で、店舗の存在を宣伝し来店につなげていきましょう。

お客様を増やすための施策を行う

お客様を増やすための施策に力を入れるのもおすすめです。例えば、初めてのお客様が来店するきっかけを作るため、多くの美容室では初回限定クーポンを配布しています。その他、初めてご来店されたお客様に特典を用意するケースもあります。周辺にある美容院と比較してお得感をアピールできれば新規顧客が集まりやすくなるでしょう。

ただし、先述したように価格の安さしか魅力がない美容室の場合、クーポンがなくなったり、さらに安い美容室が周囲に出店したりした場合、リピートしてもらえなくなる可能性があります。クーポンで集客した後でも技術やサービスの質で差別化し、お客様から選び続けられる美容室を目指しましょう。

来店後の口コミを活用する

来店後の口コミは新しいお客様を獲得する重要なポイントです。スマートフォンの普及によって、インターネット上で美容院の情報を収集するケースが増えています。新しく美容室を探している人は口コミを参考にすることも多いため、来店したお客様の口コミを活用するのも方法の一つです。口コミがなかなか集まらない場合は、口コミを書いてくれたお客様に次回ご来店の際に使える特典を用意してもよいでしょう。

ただし、中にはポジティブな口コミだけでなく、ネガティブな口コミが寄せられる場合があります。お客様から悪い口コミを頂いたら真摯に受け止め、誠実に対応することが重要です。悪い口コミをアドバイスとして捉えて、店舗運営の改善に役立てれば良い口コミが増えていくでしょう。

美容室の新規集客につなげる方法

美容室の新規集客につなげる方法として以下が挙げられます。

それぞれのポイントについて解説します。

チラシ・DMを配布する

美容室のチラシやDMの配布は新規集客につながる方法の一つです。美容院周辺の地域で、チラシを配ったりDMをポスティングしたりすれば、美容院の存在を知ってもらえるでしょう。お客様が美容院を選ぶポイントの一つはアクセスの良さです。チラシやDMの配布によって近隣に住む方々に興味を持ってもらえるでしょう。

チラシを多くの人に見てもらうには、新聞の折り込み広告を利用するとよいでしょう。特に中高年層をターゲットにしている場合、チラシを見てもらえる可能性が高まります。年齢層を絞らずに集客する場合は、店舗の近くや最寄り駅周辺でチラシを配る方法もあります。

美容室ポータルサイトを利用する

美容室ポータルサイトとは、複数の美容室の情報が集められた検索サイトのことです。お客様は自分のニーズに合わせて条件を絞って美容院を検索できます。美容室ポータルサイトに店舗情報を掲載しておくと、多くの見込み客に店舗の存在を知ってもらえ、自店の強みや魅力のアピールが可能です。

ポータルサイトにもさまざまな種類があります。ポータルサイトへの登録を検討する際は、サイトのユーザー層と自店のターゲット層がマッチしているかを事前に確認しておきましょう。ポータルサイトでは掲載料が発生するため、むやみに登録していても不必要なコストがかかってしまいます。

公式ホームページを作成する

美容室の公式ホームページを作成すれば、インターネット上で多くの人に店舗をアピールできます。美容室の雰囲気やインテリア、スタイリストの経歴・得意なスタイルなどは、多くの人が必要としている情報です。チラシやDM、ポータルサイトから美容室の存在を知った人でも、より詳細な情報を探して公式ホームページを訪れるケースが少なくありません。

公式ホームページから予約や問い合わせができるようにしておけばスムーズな顧客獲得につながります。公式ホームページを見て店舗を利用したいと考える人が増えても、予約方法が分かりにくかったり、手間がかかったりすると機会損失につながります。予約や問い合わせのフォームを分かりやすく設置し、営業日・時間などを詳しく明記しておきましょう。

リスティング広告を活用する

リスティング広告とはインターネット上で検索した際、検索キーワードに合わせて表示される関連広告のことです。検索結果の上位に表示されるため、ユーザーの目に留まりやすい点がメリットです。美容院を探している人に絞ってアプローチできるため新規集客につなげられます。

ただし、リスティング広告の掲載には継続的に費用がかかります。キーワードの単価がオークションによって決まる仕組みなので競合が多ければ多いほど広告費用が高くなりやすい点には注意が必要です。また、リスティング広告ではキーワード検索にまで至っていない、潜在的な見込み客にまではアプローチできないため、SNS広告やディスプレイ広告の実施など別途施策も必要でしょう。

Google ビジネス プロフィールに登録する

Google ビジネス プロフィールとはGoogleが提供する、無料のビジネスリスティングサービスです。Google 検索やGoogle マップに表示される店舗や企業、施設などについて情報を掲載し発信できます。Google ビジネス プロフィールは検索結果の上に表示されるので、多くの人に見てもらえるでしょう。

例えばGoogleで「エリア名+美容室」と検索すると、エリア内にある美容室がGoogle マップ上でピン表示され、ピンを選択するとより詳細な情報を閲覧できます。美容院をエリア名と合わせて検索する人は、近日中にカット・カラーしたいと考えているケースが多いでしょう。Google ビジネス プロフィールに情報が掲載されていれば、実際の来店につながる可能性が高まります。

SNSを活用する

美容室が新規集客するためには、SNSの活用も重要なポイントです。「Instagram」や「LINE」「Facebook」「X(旧Twitter)」といったSNSはユーザーが多いため効率的に集客できます。特にInstagramはユーザー層が10代・20代と比較的若く、画像・動画をメインとした視覚的なSNSなので美容室の宣伝に適しています。LINEは1to1のコミュニケーションがメインのSNSなので、より美容室を身近に感じてもらえ、予約や問い合わせにも活用可能です。

Facebookは30〜50代のユーザーが多く、ビジネスシーンでの活用がメインです。X(旧Twitter)は幅広い世代が利用していて、興味関心や趣味を軸としてつながる文化が形成されています。ターゲット層に合わせて適切なSNSを運用し、店舗のアピールポイントやキャンペーン情報を発信していくことで、次第に認知が広まり集客に役立ちます。

SNS運用時の注意点は、公式ホームページに掲載された情報との違いが生じないよう、更新を忘れないことです。どちらか片方を更新し、片方を忘れてしまうと矛盾が発生し、混乱につながる場合があります。

美容室で新規顧客の集客にはSNSの活用がおすすめの理由

美容室が新規集客するためのさまざまな方法を紹介してきました。その中でも以下の理由からSNSの活用が特におすすめです。

それぞれのポイントについて解説します。

広告費用を抑えられる

SNSの活用がおすすめの理由の一つは、集客にかかる費用を抑えられる点です。ほとんどのSNSは無料でアカウント登録ができます。Web広告の掲載といった、一部料金がかかるオプション機能を除けばSNSの運用に費用は必要ありません。

広告やDMの配布、ポータルサイト利用やリスティング広告の掲載などと比較してSNSを活用すれば広告費用がかかりません。特に集客にあまり予算をかけられない個人経営の美容室や、広告費用を抑えて集客したい場合は、集客ツールとしてSNSの活用に力を入れるのがおすすめです。

手軽に更新できる

SNSは手軽に更新できるので継続して運営しやすく集客にもつなげやすい点がメリットです。特にInstagramは写真をアップしやすいため、多くの美容室が利用しています。美容やファッションへの関心が高いユーザーにヘアメイクやカラーの写真を掲載していれば閲覧してもらえやすくなるでしょう。Instagramには予約投稿機能があるため、空いた時間に画像や投稿を用意しておき、多くのユーザーが閲覧する時間帯でアップロードすることも可能です。

ターゲットに合わせた利用ができる

先述したように、SNSは種類によってユーザーの傾向や年齢層が異なる傾向にあります。適切なSNSを選べば、ターゲットに合わせた宣伝やアピールが可能です。Instagramは若い世代が多く、写真を中心とした投稿がメインです。

LINEなら全年代で利用率が高く、定期的にお得な情報をダイレクトに届けられます。双方向のコミュニケーションも容易なので、予約や問い合わせも手軽にできます。SNSを利用すればターゲットの傾向に合わせてアプローチできるため新規顧客の集客につなげられるでしょう。

SNSを活用した美容室の新規集客のポイント

現代では美容室の新規集客の方法として、SNSによる情報発信が不可欠です。効果的な発信方法の例は下記のとおりです。

それぞれのポイントについて解説します。

施術後の仕上がりを発信する

SNSを活用する際は施術後の仕上がりを写真・動画などで発信するとよいでしょう。実際のヘアカットやヘアカラーの画像を見れば、美容室の利用後の仕上がりがイメージできるからです。美容師の技術やセンスをうまくアピールできれば多くの人に興味を持ってもらえるかもしれません。SNSを見た人のモチベーションが向上するような魅力的ある投稿を考えることが重要です。

ただし、お客様の写真や動画をSNSに掲載する際は、必ず許可を取っておく必要があります。たとえ後ろ姿しか写っておらず、顔が分からない写真や動画でもトラブルを避けるためには、事前にSNSへの掲載許可を得ることが重要です。

ヘアアレンジやスタイリング方法に関する情報を発信する

美容室のSNSでは仕上がり写真だけでなく、ヘアアレンジやスタイリングの方法を発信することも効果的です。ヘアアレンジやスタイリング方法は情報収集している人が多く、需要が高いコンテンツといえるでしょう。自宅でも簡単にヘアスタイルを整えられるようにお役立ち情報を発信していけば、フォロワーの増加につながるためご来店していただく機会も増やせるでしょう。

ヘアケアに関する情報も人気が高いコンテンツです。美容師としての専門知識を使って、シャンプーやトリートメント、ヘアオイルやスタイリング剤などの選び方を発信しましょう。店舗で取り扱っている商品をおすすめし、興味を持ってもらえれば購買につながります。有益な情報を継続して発信していけば、親しみを持ってもらえるため新規顧客の集客に役立ちます。

お得なクーポン・キャンペーンを発信する

SNSの発信は前述したヘアアレンジ・スタイリングの方法と合わせて、美容室のお得なキャンペーンを告知しましょう。クーポンを配布すれば、より新規顧客の獲得のチャンスが高まります。まずは有益な情報発信によって美容院の存在を知ってもらい、キャンペーンやクーポンによって実際の来店につなげる流れを意識しましょう。

ただし、先述したようにクーポンだけに頼った集客では売上単価が下がってしまい、十分な利益を上げにくくなります。クーポンは新規顧客に限定するといった利用制限を設けることが必要です。

美容室が新規顧客を獲得するためには、SNSの運用が重要なポイントです。複数のSNSを運用すれば顧客獲得のルートが増やせるため、ご来店数も増やせるでしょう。しかし、活用するSNSアカウントが多いと管理が複雑になり、業務負担が増えてしまう側面もあります。

新規顧客の効率的な集客や美容室の業務負担を効率的に行うなら、BeautyMeritの活用がおすすめです。BeautyMeritは、予約システムと予約管理システムがパッケージになったサービスです。 複数の集客や予約サイトからの予約管理を一元化できます。SNSやホームページに設置できる自社予約システムの提供や専用の公式オリジナルアプリの作成も可能です。美容室の業務効率化や新規集客による売り上げアップを考えているなら、Beauty Meritの導入をぜひ検討してみてください。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画