美容室の値上げを伝える例文や3つの方法をご紹介! | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

美容室の値上げを伝える例文や3つの方法をご紹介!失敗しない伝え方とは?

公開日:2024年1月10日

円安や原材料費の高騰などが原因で「値上げをしなければいけない」「値上げを検討している」という美容室も多いでしょう。お客様に値上げを伝える際、伝え方次第ではお客様が離れてしまいかねません。値上げを伝える場合は、できるだけマイナスなイメージを持たれないようにしましょう。

美容室に値上げが必要なケースとは

美容室に値上げが必要なケースとして、経営に必要な材料費の価格が高騰することが挙げられます。その他、優秀な人材の採用や雇用にかかる人件費などが多くかかってしまい、施術料金に転嫁しなければいけないケースも考えられます。このように、より良いサービスをお客様に提供するためには、施術料金を値上げせざるを得ない場合があります。

一方で「値上げというとマイナスなイメージをお客様に与えるのではないか」と心配する方も多いです。しかし、美容室の値上げは必ずしもマイナス要因になるとは限りません。安すぎる料金設定は技術力やサービスに不安を抱かれる場合もあるからです。料金を値上げする際は、お客様に納得していただくためにも失敗しない伝え方をする必要があるでしょう。

美容室の値上げで失敗しない伝え方

美容室の値上げはお客様に不信感を与えないように伝える必要があります。どのように伝えればいいのでしょうか。

そこで美容室の値上げで失敗しない伝え方を解説します。

納得してもらえる理由を示す

まずは、お客様が値上げに納得できる理由を示すことが重要です。例えば、施術に使用する薬剤やシャンプー・トリートメントなどのヘアケア商品を上質なものに変更する、材料費の高騰でやむを得ず値上げしなければいけない、税金の改定が行われたというような理由です。お客様が「それなら値上げしても仕方がない」と納得してくれるような理由を伝えましょう。

美容室の利益のためだけに値上げをすると思われてしまうと、お客様にマイナスなイメージを与えかねません。お客様が損をしたと感じないような工夫が必要です。そのためには値上げをすることでさらに満足できるサービス、最高のサービスを提供できることを発信することが大切です。

値上げの時期を検討する

美容室で値上げをする場合には、値上げの時期を慎重に検討することが大切です。適切なタイミングで値上げをすることで、お客様が値上げを受け入れやすくなります。しっかりとリサーチをして、お客様が値上げを理解してくれる時期を選びましょう。

お客様が値上げを理解してくれやすい時期として、例えば集客が少ない時期が挙げられます。夏休みや年末年始などお客様が比較的少ない時期であれば、値上げをしなければならない理由を丁寧に説明できるからです。お客様一人ひとりに理由をしっかり伝えられるため、納得してもらいやすくなります。

また、新年も値上げしやすい時期です。新たな年のスタートとして、新しいサービスやスタイルを提供するのと同時に値上げをすることで受け入れやすくなるからです。なお、値上げをする際は事前にお客様に周知し、突然の値上げにならないようにしましょう。

大幅な値上げは避ける

値上げをする際は大幅な値上げは避けてください。値上げ幅が大きすぎるとお客様から不信感を抱かれてしまい、施術料金の値上げに納得してもらうことが難しくなるからです。お客様から不信感を抱かれると、顧客離れのきっかけになってしまうかもしれません。

美容室の値上げ幅は、一般的に5%程度が望ましいとされています。10%以上の値上げになってしまうと割高感が出てしまうからです。値上げ幅を5%程度に留めることで、お客様に受け入れてもらいやすくなります。

また、値上げをする際には競合店舗や周辺の美容室の価格相場を調べましょう。自店舗のターゲット層が美容室にかける金額などもリサーチして、適切な値上げ幅を検討することが大切です。

新しいメニューやサービスを提供し付加価値をつける

既存のメニューやサービスのまま値上げしてしまうと、お客様が損をしたと感じてしまうケースが少なくありません。これまでのメニューやサービスと何も変わらないのに、料金だけ上がることで納得感を得られにくくなるからです。

美容室の値上げをする際には、新たなメニューを加えたり、新しいサービスを提供したりなどの付加価値を付けましょう。メニューを刷新したり新しいサービスを提供したりすることで、お客様の興味を惹きやすくなります。新しい体験や魅力的なサービスが受けられると思ってもらえることで、値上げ後も継続的に利用してもらいやすくなるでしょう。

また、値上げを伝える時には値上げ後に使用できるお得なクーポンや、プレゼント特典などを用意するのも一つの方法です。

美容室の値上げを伝える3つの方法

美容室の値上げを伝える方法は主に3つです。

多くのお客様に値上げを伝えるために、一つの方法だけではなく複数の方法で告知するとよいでしょう。

店頭で伝える

まずは、店舗にご来店いただいたお客様に口頭で伝える方法です。店頭で伝える方法は一般的な方法といえるでしょう。ご来店いただいた際に直接伝えることで、お客様の不安や疑問にその場ですぐに答えられるという利点があります。値上げの理由などをしっかりと言葉で伝えることで、お客様の反応を伺うことも可能です。

また口頭で伝えるだけでなく、店内にも値上げのお知らせを掲示しておくとよいでしょう。例えば、レジカウンターにメッセージカードを置いておく、お客様の目に入りやすい場所に貼り紙をするなどの方法があります。来店したお客様に対して伝え漏れがないように工夫することで「値上げをするなんて知らなかった」というお客様を減らすことができます。

案内レターを送る

案内レターを送付して値上げを伝える方法もあります。継続して利用している既存のお客様には、書面でお知らせをするとより丁寧な印象を与えられるでしょう。案内レターは、はがきでも構いません。しかし、案内レターは値上げを伝えるだけでなく、お客様に理解や納得してもらうためのお願いでもあります。案内レターを封書で送ることでより丁寧な印象になるため信頼感が増すでしょう。

また、案内レターと一緒にクーポンを同封するのもよい方法です。値上げの理由などを書面に記載し理解とご協力をお願いした上で、値上げ後に使えるクーポンを同封します。そうすることで特別感を演出でき、お客様に納得してご来店してもらえるでしょう。

ホームページやSNSを利用する

ホームページやSNSを利用して値上げを伝える方法もあります。公式からのお知らせとして、ホームページやブログなどに値上げする旨と値上げする理由を記載しておくとよいでしょう。また、メルマガやLINE公式アカウントなどを運用している場合は、既存のお客様に向けてそれぞれの媒体を使って告知しておきます。

店舗の公式SNSアカウントがある場合はSNSでも値上げを告知しておきましょう。SNSは既存のお客様だけではなく、見込み客にも情報を伝えやすい媒体です。広く値上げの事実や理由を周知することができます。SNSを活用すればお客様と近い距離感で伝えられるため、SNSアカウントがある場合は積極的に活用しましょう。

美容室の値上げを伝える際に必要な内容

美容室の値上げを伝える際に必要な内容は、以下のとおりです。

・お客様への感謝の言葉
・値上げの理由
・具体的な値上げ幅
・値上げする時期
・新しいサービスやメニューの詳細
・今後の店舗の方針やお客様への思い
・お問い合わせ先

まずは「平素より〇〇美容室をご利用いただき、誠にありがとうございます」のように、自店を利用しているお客様へ対する感謝の言葉を伝えましょう。その後、値上げする理由や具体的な値上げ幅、値上げする時期などの伝えるべき情報を記載します。この際、新しいサービスやメニューの詳細や今後の方針なども記載しておくとよいでしょう。

最後に、「より一層のサービス向上や技術力の研鑽にスタッフ一丸となり取り組む所存です。今後とも何卒〇〇美容室をよろしくお願いいたします」や「今後ともお客様に満足していただけるお店を目指し、スタッフ一同より努力いたしますので、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます」などの言葉で締めます。

美容室の値上げを短めに伝える例文

美容室の値上げを短めに伝える際の例文を2つ紹介します。短めな文章で伝える場合はお客様に分かりやすく簡潔に伝えることがポイントです。

短めに伝える例文1

いつも〇〇美容室をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
この度、新メニューの提供およびサービス向上にともなうオペレーションコストの増加や新機材の導入により、下記のとおり一部料金を改定させていただくこととなりました。

・新メニューやサービス名と詳細
・改定後の価格
・値上げの時期

当方の都合により、お客様へご負担をお願いすることとなり大変恐縮に感じておりますが、今後ともより良いサービスの提供に努めてまいります。誠に勝手なお願いではありますが、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

〇〇美容室
電話番号
担当者名

短めに伝える例文2

いつも当サロンをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、度重なる原材料のコストアップや電気料金、人件費の高騰などにより現状のままでのサービス提供が難しくなってきました。

つきましては、〇月〇日より一部施術料金の値上げを実施させていただくことが決まりましたので、お知らせいたします。

・値上げを実施する日付
・値上げをする施術内容やサービス
・値上げ後の料金

私どもとしても、お客様にご負担をお願いすることとなり大変心苦しいところですが、より一層のサービス向上に取り組んでいく所存です。お客様におかれましては、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

〇〇美容室
電話番号

美容室の値上げを長めに伝える例文

美容室の値上げを長めに伝える例文を2つ紹介します。長めのお知らせにすることで、自店の思いをより深く伝えやすくなるでしょう。

長めに伝える例文1

〇〇年〇月〇日
〇〇様

住所
〇〇美容室
電話番号

施術料金改定のご案内

拝啓
〇〇様におかれましては、ますますご健勝のことと心よりお喜び申し上げます。また、平素より〇〇美容室に格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

さて、当店ではお客様に満足していただけるサービス提供のため努力を重ねてまいりましたが、かねてより続くエネルギー価格の高騰や原材料費の値上げ、人件費の高騰などにより、価格を維持することが難しい状況になってきております。

誠に不本意ながら、価格改定をさせていただくことになりました。

・値上げする施術内容やサービス
・値上げを実施する時期
・値上げ後の新料金と旧料金

お客様にご負担をいただくこととなり大変恐縮ですが、料金改定によってより質の高い施術やサービスの提供が可能となるため、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

なお、ご不明な点やご質問がございましたら、ご遠慮なく店長〇〇までお尋ねくださいませ。

敬具

長めに伝える例文2

令和〇年〇月〇日
お客様各位

価格改定のお知らせ

拝啓
平素より〇〇美容室をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当店では日々お客様に満足していただけるサービス提供を心掛け、試行錯誤を重ねてまいりました。しかし、使用機器や薬剤の高品質化、エネルギー価格や人件費の高騰などにより、現在の価格のままでのサービス提供が難しくなってきました。

つきましては、〇月〇日より下記のとおり価格を改定させていただくことが決定いたしましたので、お知らせいたします。

・値上げを実施する日付
・値上げする施術内容やサービス
・値上げ後の料金

大変心苦しいお願いではございますが、今後ともお客様に満足いただける技術やサービスの提供ができるように、スタッフ一同より一層の努力をしていく所存でございます。

お客様におかれましては、これからも〇〇美容室に変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

ご不明な点やご質問がございましたら、店長〇〇まで遠慮なくご連絡ください。

敬具

住所
電話番号
〇〇美容室 店長氏名

お客様にしっかりと告知することが大切

美容室の値上げは必ずしもマイナス要素とはいえません。しかし、伝え方によってはマイナスなイメージを抱かれてしまう可能性もあります。お客様が納得できる理由を示すことや値上げの時期、値上げ幅などを慎重に検討しましょう。また、突然の値上げにならないようにお客様にしっかりと告知することが大切です。

BeautyMeritは、サロン専用の公式オリジナルアプリが作成できるサービスです。お客様のスマートフォンに直接お知らせできるプッシュ機能やお客様とのチャット機能などが搭載されており、お客様とのやりとりがスムーズに行えます。メニューの改定や料金改定なども告知しやすいため、料金改定のみならずお客様への案内をアプリで行いたい方は、お気軽にお問合せ下さい。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画