美容室のオーナーの悩みは? | サロンの管理システムならビューティーメリット - BeautyMerit -

美容室のオーナーの悩みは?解決策も解説

公開日:2024年1月15日

美容室のオーナーが抱える悩みは、いくつか考えられます。美容室を運営するためには、人員集めて離職率を下げ、スタッフのスキルを向上させることが大切です。

また、効率的に集客を行い、新規顧客の開拓だけでなくリピーターを増やすことも必要不可欠です。

本記事では、美容室のオーナーが運営で抱える悩みやそれぞれの解決方法について解説します。

美容室のオーナーが抱える5つの悩み

美容室のオーナーが抱える悩みは、スタッフについて、集客についての2つに大きく分けられます。2つの悩みはそれぞれ次の通り細分化が可能です。
それぞれの悩みについて解説していきます。

スタッフが集まらない

美容室が求人を出してもなかなかスタッフが集まらないケースがあります。美容師は国家資格が必要なため、誰でも応募できるわけではありません。

厚生労働省の『一般職業紹介状況(令和5年8月分)』によれば、美容師が含まれる生活衛生サービス職業従事者の有効求人倍率は3.29倍でした。(※)これは美容室3件が募集していてもおよそ1人しか応募がない状況です。このような少ない応募者を競合と取り合うことになります。

スタッフが集まらず慢性的な人手不足に陥っている場合、美容室の利用者が多くても、現時点のスタッフ数では対応しきれない可能性があります。その状態が続くと、忙しさや労働環境を理由にスタッフが離職していき、経営が行き詰ってしまう恐れもあるでしょう。人手不足を解消するためには、近隣の競合との差別化が大切です。

※参考:厚生労働省. 「一般職業紹介状況(令和5年8月分)」P7.
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/001149674.pdf, (2023-10-09).

スタッフの離職率が高い

美容室によっては、スタッフが集まってもすぐに離職してしまうことがあります。例えば、労働時間が長い、給与に不満があるといった場合は、スタッフが離職してしまうかもしれません。スタッフの離職率を下げるためには、労働時間を含めた待遇の見直しが必要です。

スタッフの技術が向上しない

スタッフの技術が向上しないことも、美容室オーナーの悩みとして挙げられます。

スタッフの技術は美容室の評判と直結します。スタッフの技術が向上しなければ、リピーターが得られないだけでなく、SNSや口コミサイトで低評価の投稿をされるなど、集客で苦戦してしまうでしょう。

スタッフの技術はカットやカラーリングだけではありません。お客さまとのトークや接客のスキルも求められます。このようなスキルを向上させるには、スタッフに多くの経験を積ませることが大切です。

新規顧客が集まらない

スタッフが十分に揃っていても顧客が集まらなければ、美容室の経営は立ち行かなくなってしまいます。新規の顧客を集めるには、集客方法や広告を掲載している媒体の見直しを検討してみましょう。

リピーターが生まれない

美容室の売上を支えるのが、繰り返し利用してくれるリピーターの存在です。リピーターがいれば安定した美容室運営が可能になります。

リピーターが生まれない場合は常に新規顧客を集客する必要があり、安定した美容室経営につながりません。リピーターを生むにはDMやクーポンの活用が効果的です。

美容室のオーナーが抱える悩みの解決方法

美容室のオーナーが抱える美容室経営の悩みとして、人手不足やスタッフの離職、リピーターを獲得できないなどが挙げられます。これらの悩みにはそれぞれ解決方法があります。

ここでは、それぞれの解決方法についてみていきましょう。

スタッフが集まらない場合は競合との差別化を図る

求人情報を出したにもかかわらず、スタッフが集まらないという場合は、競合との差別化を図るのがおすすめです。例えば、研修制度を確立するなど福利厚生を充実させることで、競合との差別化が図れます。

また、求人情報を美容室のホームページやSNSに掲載するのも効果的です。求職者の中にはインターネットやSNSで求人情報を探している人も多くいます。

他には、美容室の求人に特化したサイトに求人情報を掲載するという方法もあります。

スタッフの離職を防止するには労働環境を見直す

スタッフの離職を防止するには、労働環境を見直すことが大切です。厚生労働省の発表によれば、美容師の月の労働時間は175時間で、週に換算すると約43時間です。(※)

厚生労働省の『令和4年就労条件総合調査の概況』では、週の平均労働時間は約39時間でした。(※)このことから、美容師は月の労働時間が、平均労働時間よりも約16時間も長いと言えます。

労働環境を見直す方法として以下が挙げられます。

・POSシステム導入をはじめとした業務フローの効率化
・時短制度の導入

スタッフが働きやすい環境を整えましょう。

※参考:厚生労働省. 「職業情報提供サイトjobtag|美容師」.
https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/116, (2023-10-09).

※参考:厚生労働省. 「令和4年就労条件総合調査の概況」.
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/22/dl/gaikyou.pdf, (2023-10-09).

スタッフとの定期的なミーティングも大切

スタッフの離職を防止するには、定期的なミーティングも大切です。ミーティングでは労働環境や条件、さらには人間関係などに悩みがないかをヒアリングしましょう。スタッフ本人から悩みを聞き出して解消することで、離職につながる原因を解消できます。

スタッフと定期的なミーティングを実施する際は次のような点を意識しましょう。

・相手の考えを否定せず思っていることを話せる場にする
・選択肢を限定せずに自由に回答できるオープンクエスチョンを心掛ける
・数値にあらわれない努力を褒める
・ミーティングの目的やテーマを決めておく

定期ミーティングを繰り返すうちに、スタッフから相談しやすい関係性も構築可能です。また、スタッフも自分が正当に評価されている、意見を聞いてもらえると思えるため、店舗への愛着を深めてくれるでしょう。

スタッフの技術を向上させるには経験の機会を多く与える

スタッフの技術を向上させるには、多くの経験の機会を与えましょう。技術面だけでなく、接客やトークスキルを高める機会を与えることで、美容師としての総合的なスキルの向上が期待できます。

スキルが向上すれば、スタッフのやる気向上にもつながります。スタッフのやる気が高まれば、美容室への定着も期待できるでしょう。

しかし、経験が浅いスタッフの場合、お客さまとのやり取りに不安があるかもしれません。その際は、適切にフォローすることで、スタッフとの信頼関係構築につながります。特にクレームに発展しそうなケースでは、すぐにフォローしてあげましょう。

新規顧客が集まらない場合は集客方法を見直してみる

新規顧客が集まらない場合は集客方法の見直しが必要です。例えば、フリーペーパーに広告を掲載している場合、美容室に特化したポータルサイトに広告を掲載してみましょう。

また、ポータルサイトだけでなく、SNSを活用するのもおすすめです。SNSであれば広告にかかる費用を抑えられます。

美容室のコンセプトに応じた集客方法を検討する

美容室のコンセプトに応じた集客方法を検討してみましょう。地域に密着した美容室をコンセプトにしているのであれば、ポータルサイトやSNS以外の方法も効果的です。近隣に美容室のチラシを配布することで、集客につなげられる可能性があります。

リピーターを増やすにはDMやクーポンを活用する

リピーターを獲得して美容室を安定して経営していくには、DMやクーポンを活用してみましょう。例えば、一度利用したことがあるお客さまに対してクーポンを発行することで、再来店を促すことが可能です。また、お客さまに対してDMを送付することで再来店を促すことができます。

リピーターを増やすのにもSNSが効果的です。SNSにはさまざまな種類がありますが、中でもInstagram(インスタグラム)は美容室におけるリピーター獲得に適しています。Instagramは写真や動画の投稿をメインとしているSNSなため、美容室の様子を投稿することで、ユーザーに訴求可能です。

予約システムの導入もおすすめ

新規顧客、リピーターを獲得するのに効果的なのが、予約システムの導入です。お客さまの中には、美容室に予約の電話を入れるのが億劫に感じている人もいるかもしれません。このようなお客さまであっても予約しやすくするためには、インターネットからでも予約できるシステムの導入がおすすめです。

予約システムには、LINEを使って予約できるものもあります。総務省の発表によればLINEの利用率は全年代で94.0%と多くの人が利用しています。(※)そのため、LINEから予約できるシステムであれば、多くのお客さまが予約しやすくなるでしょう。

また、LINE以外にもInstagramからの予約も可能です。Instagramで発信した美容室の情報を見たSNSユーザーが、そのまま予約してくれる可能性が高まります。

美容室のLINE予約、Instagramからの予約についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

美容室がLINE予約を活用する方法は?メリットも解説
美容室がInstagram(インスタグラム)予約を導入する方法とメリットとは?

※出典:総務省. 「令和4年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書<概要>」P12.
https://www.soumu.go.jp/main_content/000887659.pdf, (入手日付2023-10-09).

ビューティーメリット(BeautyMerit)を活用してオーナーの悩みを解決

美容室のオーナーの悩みは大きく分けて、スタッフに関して、集客に関しての2つに分けられます。このような美容室のオーナーの悩みを解決するのが、ビューティーメリット(BeautyMerit)です。

ビューティーメリット(BeautyMerit)は、LINEやInstagramからの予約に対応しているため、お客さまが予約しやすい環境を整えられます。

また、スタッフに発生していた予約電話の対応業務を減らすこと可能です。その結果、業務を効率化でき、スタッフが働きやすい環境も整えられるでしょう。

美容室の運営で悩みを抱えているオーナーはぜひご検討ください。

基本的なサロン管理機能はもちろん
他にはない機能が多数そろっています。

BeautyMeritの
お申し込み・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-6277-2658

受付時間10:00〜18:00
平日のみ(土・日・祝はお休みになります)

BeautyMerit紹介動画
BeautyMerit紹介動画